遺言、相続のご相談は足利の齋藤行政書士事務所まで

遺言/相続

遺言書の作成
遺言とは、自分の財産をどのように相続人に残すかを記しておくものです。
近年は遺言書がなかったための「争続」が増える傾向にあります。残されるご家族のためにも、遺言書の作成をおすすめします。
しかし遺言書の作成は、要式行為と言って一定の形式で書かないと無効になってしまう恐れがあります。
その危険を避けるため、是非ご相談下さい。

 

遺言書には、大きく分けて3種類ありますが、そのうちの二つ、自筆証書遺言と公正証書遺言が一般的です。
特に遺言の無効を避けるために、公正証書遺言を推薦します。

 

自筆証書遺言のメリットとデメリット

メリット

デメリット

一人で作成できる。

作成費用がかからない。

証人がいらない。

無効になる危険性。

死後遺言が発見されないことがある。

紛失することがある。

家庭裁判所の検認が必要。

 

公正証書遺言のメリットとデメリット

メリット

デメリット

安全で確実に遺言を作成できる。

紛失偽造の危険がない。

家庭裁判所の検認が不要。

手続きが面倒。

費用がかかる。

 

不幸にして、遺言書がなく相続になった場合、遺産の分割を相続人で決定します。
遺言書のあるなしにかかわらず、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書の作成をお手伝い致します。

関連ページ

各種許認可
遺言作成、遺産分割協議書の作成、会社の設立、建設業の許可申請などでご相談があれば、気軽にご相談下さい。 足利市近郊の皆様のお手伝いを致します。
会社設立
遺言作成、遺産分割協議書の作成、会社の設立、建設業の許可申請などでご相談があれば、気軽にご相談下さい。 足利市近郊の皆様のお手伝いを致します。